各政策手段の読み方

2010年の為替相場は、2010年後半から2011年とみられる米利上げをいつ本格的に織り込んでドルが上昇に転じるかが焦点になりそうだ。ただ、ドルは経常赤字という構造的な売り材料を抱えており、強弱感が対立するなかで利上げ期待の高まりと後退を繰り返すボラティリティの高い推移になると予想されている。ドル売り局面では、ドル/円は戦後最安値付近となる80円前後まで下落する可能性があるとみる声も出ており、日本当局の為替介入もポイントになる。[東京 22日 ロイターより引用]

為替(FX)のリスクに関して

外国為替証拠金取(FX)引は、外国為替相場や金利水準の変動等により損失を被るリスクがあります。また、お預けいただく証拠金額より大きな額のお取引が可能であることから、その損失の額が証拠金額を上回ることがあります。また当サイトにおける掲載内容は正確をきしておりますが、それを保証するものではありません。