短期金融市場とは

2010年の為替相場は、2010年後半から2011年とみられる米利上げをいつ本格的に織り込んでドルが上昇に転じるかが焦点になりそうだ。ただ、ドルは経常赤字という構造的な売り材料を抱えており、強弱感が対立するなかで利上げ期待の高まりと後退を繰り返すボラティリティの高い推移になると予想されている。ドル売り局面では、ドル/円は戦後最安値付近となる80円前後まで下落する可能性があるとみる声も出ており、日本当局の為替介入もポイントになる。[東京 22日 ロイターより引用]

短期金融市場(短資)とはA

BA (Banker's Acceptance)は、貿易業者が貿易取引を裏づけとして振り出した期限付き為替手形を銀行が引き受けたもの。個別性が強く市場規模は小さいが、担保付きで信用力が高いため、金利はCDよりも低い。しかし、2001年以降はほとんど取引されていない。

 

C P (Commercial Paper)は、金融機関以外の優良企業が振り出す短期の無担保約束手形。企業にとっては、銀行からの借入の代替手段である。発行企業は、債券格付機関([剣金利スプレッド(6)クレジット・スプレッドを参照)から格付けを受ける。その信用力を反映し、金利は概してCDより低い。T B (Treasury BiU)は、財務省が発行する割引債。Tビルとも呼ばれる。4週間物、3ヵ月物・6ヵ月物の3種類がある。信用力は当然のことながら最も高く、3ヵ月物で比べても金利は最も低い。特徴は、全世界的にみても安全性の高い運用手段であること、発行量が大きいこと、流通市場が完備し流動性が高いこと、フェッドのオペの対象になっている。発行は、公募入札(オークション)で行われる。日程は、3ヵ月物・6ヵ月物が毎週月曜、4週間物が原則毎週火曜。登録債方式(ブック・エントリー方式)であるため、保有者は受領証を受け取るのみで、現物の受け渡しは行われない。

 

ニューヨーク連銀がオペを行う際に取引の相手方となるのがプライマリー・ディーラー(政府公認証券ディーラー)である。オークションに直接参加するためにも、その地位が必要である。一時40社を越えたが、金融環境の悪化や金融機関の合併などから、近時はむしろ減少傾向にある(2005年10月現在22社)。

 

レポ(Repos)は、リバーチェス・アグリーメント(Repurchase Agreement)の略。日本の債券現先に相当する。債券(主としてTB)の買戻条件付き売却であるが、あらかじめ売却価格・買戻価格・経過利息が決まっているので、実質的には債券担保の短期資金貸付である。元来は債券の在庫を大量に抱えた証券会社が短期の運用手段として始めたものである。現在は事業会社も参加できる唯一の短期オープン市場として機能している。ほとんどがオーバーナイトであるが、担保付きなので金利はFFレートよりも低い。

 

フェッドが行うオペのうち、システムレポは、プライマリー・ディーラーを相手とする売戻条件付き債券購入であり、マッチドセールは逆に買戻条件付き債券売却である。ただし、英語の用法としてはディーラー側からみた用語で、前者を買戻条件付き(Repurchase)、後者を売戻条件付き(Reverse)と呼んでいる。ユーロドル(ユーロダラー)は、米国外の市場で取引される米ドルのことである